網戸の張り替え・修理・交換

網戸のトラブル
「網戸の開閉がスムーズにいかなくなった」
「網戸がすぐに外れてしまう」
「網戸がグラグラするようになった」など網戸に関するトラブルは尽きません。
このような場合、網戸の張替えをDIYで行う人もいます。
しかし、自ら行うとなると工具やゴムなどの道具や材料などを買いそろえる必要がありますし、
作業がうまくいかずにシワやたるみができるなどの失敗をしてしまったりと、
最終的に余計な材料費がかかってしまうこともあります。
ですから、最初から網戸張替えや修理のプロに依頼したほうが賢明といえるでしょう。
費用も時間も無駄にせず、さらにきれいな仕上がりの網戸が手に入るのですからいいことづくめです。
一軒家の網戸やマンションの網戸、アパートの網戸など、臨機応変に対応いたします。
1. 網戸の張り替え・修理で費用をおさえるポイント

網戸の張り替えは、網戸の大きさや張り替える網戸の種類などによって必要な費用も異なります。
また修理についても現状の状態によって修理内容も異なってくるので費用にも違いが出てきます。
そして網戸が取り付けてある環境によっても修理の頻度が違ってきます。
例えば、日当たりの良い南側の網戸は日光による劣化の進行が早く、開閉頻度の多い網戸であれば戸車の消耗も早くなってしまうでしょう。

 

2. 網戸の張り替え・修理とは?

網戸を張り替えるタイミングは雨風や日光などによって網が老朽化して破れてしまったり、
戸車が動かなくなり網戸がすぐに外れてしまうなどの不具合が現れた時でしょう。
また網戸にできた小さな穴や破れは、ホームセンターで購入できる補修シートなどを使用して補修することも可能です。
しかし完全な補修にはならないことが多いので、業者に依頼するかどうかは網戸の不具合の程度や状態によって判断すると良いでしょう。

 

3. 網戸の張り替え・修理の種類とメリット

網戸を張り替える際には、網目の大きさや色を考慮して選ぶようにしましょう。
網目の大きさには20・24・26・30などがありますが、数字が大きくなるほど網目の
大きさは小さくなり小さな虫やゴミ、ホコリの侵入を防ぐことができます。
また網の色にはグレーや黒、ブルーなどの色がありますが黒は室内から外がきれいに見通せます。
その他には外側が銀、内側が黒になっているものがあります。
このタイプは室内から外がきれいに見通せ、外からは室内の様子が見えないので外からの
視線を遮ることができます。
網戸を取付ける部屋などによって使用する網を使い分けると良いでしょう。
弊社では各メーカーの網戸を取り扱っております。

↓各メーカーのHPはこちら(TOSTEMはLIXILのHPにとびます)

セイキ販売:https://www.seiki.gr.jp/products/amido/

勝手口の網戸交換参考価格:3万~4万

TOSTEM:https://www.lixil.co.jp/lineup/window/