外壁塗装(外壁塗り替え)-工程


まず高圧洗浄を行い、こびりついた汚れやカビ等を洗い落とし、塗料が付きやすくします。
外壁材がサイディング等の場合、洗浄後に盤間やサッシ周りのシールの打替・増し打ちに入ります。
次に、サッシや給湯器・室外機といった付帯物を養生していきます。
塗装する際、必ず塗料が飛び散ってしまうため、きちんと養生していきます。

養生が終わると塗りの作業に入ります。 まずはじめに、下塗りから入ります。

下塗りの主な役目は、後かる塗り重ねていく塗料がはがれないように接着させることや
小さなひび割れを埋めることです。

そのため重要な工程になります。 次に、中塗り・上塗りと施工を進めていきます。

中塗り・上塗りは同じ塗料を用います。
1度しか塗らないと仕上がりにムラができきれいに仕上がらない為、中塗り後に上塗りをします。

外壁が塗り終わると、木部や鉄部の塗装に入ります。鉄部にはウレタン系の塗料を、
木部には既存の状態に合わせ、ウレタン系や自然塗料を塗装します。
塗り終わった後に、確認して回り、作業は終了です。

13 total views, 2 views today

13total visits,2visits today