リビングリフォーム(クロス・フローリング・押し入れ)

クロス張り替え

汚れやめくれがだんだんと気になってくる壁紙。
小さなお子さまやペットと一緒に暮らしていると、破れてしまったり、ラクガキしてしまったりすることがあるかとおもいます。

デザイン豊富な壁紙で、インテリアを一新。

最新の壁紙なら、ひっかき傷にも強く、臭いを吸着する素材もあり、小さなお子さまやペットでも大丈夫なものが出てきております。

汚れを吸収しにくい素材を選べば、泥汚れや手あか、カバンや靴のこすれなどを雑巾で簡単に拭き取ることができます。

フローリング

フローリングは大きく分けると複合フローリング・無垢材の2種類に分かれます。

複合フローリングとは、複数の板を接着剤で張り合わせた基材となる合板の表面に、
天然木の薄板もしくは木目をプリントした化粧シートを張りつけたものです。
価格面やメンテナンス面において無垢材に比べるとおススメです。

無垢材のフローリングは、自然のままの美しさを生かした無垢材の魅力や、
木が持つ独特の肌触りやぬくもりのある風合い、その味わい深さは年月を経るごとに
変化していくことが選ばれる理由となっております。無垢材フローリングには調湿効果・断熱効果・リラックス効果があるとされています。

フローリングリフォームの動機としては、傷みやへこみ・たわみといった修繕、
メンテナンスに含まれるリフォームが一般的ですが、最近ではバリアフリーや床暖房、
防音対策など、機能性を高めるリフォームへの関心も高まっています。

 

春日のモデルハウスでは京都産の杉をつかった「みやこ板フローリング」を使用して おります。 実際にご覧いただけますので、ご興味のある方はお問い合わせください。

 

クッションフロア

近年のマンションや戸建て住宅で使用されるようになったものがクッションフロアです。クッションフロアが住宅に広がり始めたころは、主にトイレや洗面所などの水回りに利用されることが多かったですが、リビング、ダイニング、キッチン、個室までに広がり、今まで使用されてきた合板フローリングの部分のすべてでクッションフロアが使用されています。

 

クッションフロアのメリットは

・合板フローリングに比べて安い
・水に濡れてもよく手入れがしやすい
・掃除がしやすい
・物を落としても下階に響きにくい
・工期が短い=安く提供できる

などが上げられます。

小さな子どもがいる世帯では食べ物をこぼしても簡単に拭き取ることができシミも残りにくいことから重宝されていますし、濡れた足であるいてもビニールですので、全く問題はありません。

デメリットとしては

・すべてが本物ではない○○調
・経年変化でみすぼらしくなる=貼り替えること前提
・クッションフロアと家具が刻む時間が違う

があげられます。

水廻りなどにクッションフロアを使用してお手入れしやすく、リビングなどは長く味わえる無垢材フローリングを組み合わせて使用すると、快適でお好みに合ったリフォームを行えます。

押し入れ改修

押し入れをクローゼットに改修したいと望むお施主様が増えています。
オープン収納にしたい・スクリーンで目隠しをしたい・ここに棚が欲しい・ここにポールが欲しい等々、ご希望ごとにプランをご提案させていただきます。
日々の暮らしの中で、少しのストレスをなくすことで、もっと住み心地のよいお家に変わりますよ。

 

エコカラット

エコカラットは空調調湿・脱臭機能・アレルギー物質除去・お手入れ簡単な
タイル建材です。
家族の健康を考えて空気を綺麗に!壁のアクセントに!
施工されるお客様が増えております。
ラインナップもシンプルからゴージャスまでございます。

 

 

41 total views, 1 views today

41total visits,1visits today