屋根葺き替え

葺き替えとは、下地を含む屋根材をやり直すという工事で、 下地からやり直すので屋根の寿命が延びます。
また、昔に比べて屋根材も軽量化されていますので、 住宅全体の重みの中心が低くなり地震の揺れに強くなり ます。

 

まず、屋根の洗浄をします。 そのあと既存の屋根材を撤去します。
この際に屋根材の下にあるモルタルや葺き土等を一緒に撤去します。
屋根を撤去すると野地が現れてきます。野地が現れたら、合板を上張りします。
合板を張ることにより、既存の野地の波うちを抑え屋根材がきれいにはれます。

次に、ルーフィング(防水シート)を張ります。
ルーフィングを張ることにより、水の浸入を防ぎます。

ルーフィングを張り終えると、屋根材を張っていきます。
貼り方もメーカー・商品ごとに決まっており、その商品に合わせた施工を行います。

屋根材を張り終えたら、棟板金等の板金役物を取付します。

板金のジョイント部には、水がまわらないようにきっちりシールで処理します。

これで工事は終了です。

12 total views, 1 views today

12total visits,1visits today