屋根塗り替え

屋根にペンキを塗ることをいいます。
最近では美観はもちろんですが、いろいろなメリットを求めて屋根塗装されている方が増えています。

棟板金やトタン屋根などの錆の発生を抑えます。

現在の雨漏りを止める性能はありませんが、将来の雨漏りリスクが低減されます。

スレートや金属部分の腐食が防止でき、屋根の葺き替え工事が不要または延期
できます。

スレートのコケや、屋根下地部分のカビを抑えます。

夏場は屋根表面から屋根裏や2F室内への熱が伝わりにくくなり、
室温の上昇を抑えます。(遮熱性)
また 冬場は室内から屋根表面への熱も伝わりにくくなり室温の下降を抑えます。
結果、1年中快適な室温を保つことができます。(断熱性)



まず、屋根の塗装面にこびりついた汚れやカビ等を高圧の水流で洗い落とし、
塗料の接着をよくします。


そのあと屋根材にシーラー(下塗り材)を、鉄部に錆止め塗料を塗っていきます。
その後、中塗り・上塗りと塗っていきます。
中塗りと上塗りは同じ塗料を用います。

塗り終えると、最後に縁切りという作業に入ります。
縁切りとは、屋根材と屋根材の重なり部分に塗装したことによってできた塗膜を
かわすきやカッター等で取り除き、隙間輪作ることです。
この工程をしないと、毛細管現象で屋根材裏面より雨水や結露で発生した水滴が
吸い上げられ、雨漏りの原因となります。

この作業を行い、工事は完了です。

17 total views, 2 views today

17total visits,2visits today