断熱材の種類と施工方法

断熱材について

「夏涼しくて、冬暖かい家」を実現するには、適切な断熱と気密が必要です。
一般的には「高気密・高断熱住宅」と呼ばれます。

その高い断熱性を生み出すのに一番重要なものが「断熱材」です。

基本的に住宅は、断熱材を使って住宅を施工することで断熱を実現します。
断熱材には以下のような物があります。
グラスウールロックウールセルロースファイバービーズ法ポリスチレンフォーム押出法ポリスチレンフォーム硬質ウレタンフォームフェノールフォーム

断熱材の施工方法は?
木造住宅の断熱工法にはさまざまな種類がありますが、
大きく「充填断熱工法」と「外張り断熱工法」に分けられます。  

充填断熱工法とは、壁や天井の中に断熱材を充填する方法で、

グラスウールやロックウールなどの繊維系断熱材が使われます。

充填断熱工法のメリットはトータルコストが安いことです。
ただし木材と取り合う部分が多く、すき間ができやすくなるので注意が必要です。

外張り断熱工法とは主にプラスチック系の断熱材を、壁や屋根の外側から施工するものです。
鉄筋コンクリート造の場合の「外断熱工法」と区別して「外張り」とよばれます。
外張り断熱工法のメリットはすき間ができにくく、結露しにくいことです。
しかしコストは充填断熱工法に比べ高くなります。

せっかく断熱材を施工しても隙間ができると効果は下がります。
また水蒸気も自由に移動してしまい、壁の中で結露がおこる原因になります。

素材と施工をよく見極めて信頼できる施工業者に頼むことが肝心となります。

次回は断熱と気密の関係をお話しします。

51total visits,1visits today